専門と大学の二通りあるきゅう師の学校

専門と大学の二通りあるきゅう師の学校

きゅう師の学校には、大きく分けて専門と大学の二通りがあります。
どちらも所定のカリキュラムが組まれており、最終的にきゅう師の国家資格を目指すという点では違いはありません。
なお補足すれば、これ以外の方法は基本的に存在していませんので注意しましょう。
つまり、市販の教材を利用して自習するとか、通信教育で学ぶといったやり方ではきゅう師の国家資格を得ることはできないのです。
専門学校の場合は、その名前のとおり資格取得を目指してそれに必要なカリキュラムに専門化した内容を集中的に学ぶことになります。
専門外の内容は原則的に一切含まれません。
これに対して大学の場合は、もちろん必要なカリキュラムは含まれているものの、それ以外の授業が一切ないわけではありません。
いわゆる一般教養的な授業もありますので、それだけ広い範囲の物事を学ぶことができます。
どちらを選ぶかは自由というか、個人の考え方によるところが大きいでしょう。

きゅう師になるには専門学校選び方始めよう

今東洋医学はとても注目されています。
例えば鍼灸もその一つですし、慢性的な体の痛みがあったり肩こりや腰痛でもしばしば使われていますしいたみを緩和する事にも使われます。
マッサージだけではなく鍼灸を行う事でのメリットは大きいですし、専門学校に行って技術や知識を学ぶ事で就職の幅も広くなっていくでしょう。
それと合わせて美容鍼というのも今話題になっていて、小顔効果を求めて顔にうったり、耳ツボ刺激で食欲抑制してダイエット効果を求めるというところでも使われています。
きゅう師になるには、専門学校に行くという選択肢があります。
きゅう師の資格を持っていると、様々な所で働くことが出来ますし、最終的には自分で院を開くことも出来ます。
将来の事を考えて手に職を持つというのも理想ですし、興味があるようでしたらまずはまとめられているサイトなどを見て決めていくのもありです。
学校選びの際にはオーキャンにいってみたり見学をする事も大事です。

著者:水本国光

筆者プロフィール

岡山県倉敷市生まれ。
学校で学び、念願のきゅう師になりました。
この体験をもとにきゅう師についての記事を書いています。